現代は連帯保証人を見つけづらい

女性

通常、賃貸物件を借りる際には連帯保証人が必要となります。連帯保証人は賃貸を契約した人が家賃を支払えなくなった際に代わりに家賃を支払ってくれる人のことを指します。中には保証人が不要の賃貸物件もありますが、全体で見ればごく少数です。しかしながら現代は昔と違って連帯保証人を見つけることがなかなか困難になってきています。家庭は核家族化が進んで親族に対してなかなか連帯保証人になってもらうことを頼みづらいですし、高齢者の場合は親族も配偶者も居なかったりなかなか連絡が取りづらかったりで連帯保証人になってくれる人自体がみつからないというケースも増えてきています。そういったときに活用すると便利なのが家賃債務保証制度です。

借りる側にも貸す側にもメリットがある

家賃債務保証という制度は賃貸物件を借りる側も貸す側もメリットがある制度です。まず賃貸物件を借りる側から見ると連帯保証人が必要な現状はとてもネックになっていることが多々あり、せっかく良いと思った物件も連帯保証人が見つからないという理由で断念せざるを得ないというケースが多いです。しかし家賃債務保証制度を利用すれば、保証会社に利用料を支払わなければいけない負担があるものの、連帯保証人が見つからなくても自由に物件を借りることができます。そして賃貸物件を提供する側としては家賃債務保証を適用することによって今まで利用できなかった人たちに自分の部屋を利用してもらうことができるので家賃収入を得られる機会が大幅に増えることになります。

制度を利用することで物件を借りやすくなる

家賃債務保証を利用することによってなかなか連帯保証人を見つけづらい立場にある賃貸物件入居希望者に対して保証会社が連帯保証人のような役割を代行してくれます。そして賃貸物件を契約した人が何らかの理由で家賃の支払いが困難になって家賃を滞納したときに家賃債務保証の契約をL結んだ連帯保証会社は契約者の代わりに家賃を肩代わりしてくれるというわけです。ただしあくまでも支払っていない家賃を肩代わりしてくれる存在であるということはよく覚えておいてください。家賃債務保証を利用する人の中には支払えなかった家賃を代わりに支払ってくれていると勘違いしている人もいますが、保証会社が支払った家賃分のお金は後日保証会社に対してきちんと支払わなければいけません。家賃債務保証を利用する場合においても賃貸物件は必ず自分の収入内で十分支払えるような家賃の物件を借りるようにしましょう。

広告募集中